スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトリークルー

ガールズ×3の時、モトリーなんて、ただのパーティーバンド
やと思ってた。硬派ではなく軟派な色物だなと・・・・。

当時、それなりに好きな曲もあったけど、なんか軽い気がする
子供の私には、到底理解できなかったけれど、典型的なBAD BOYS

重厚で、セクシーなデヴィカヴァには、及ばないなんて思ってた。

今回、SIXX AMを聞いて、あれれ???イメージが覆ったわ。
ニッキーも大人になったんかな?それとも聞き手(私が大人になったのか?)

ニッキーやるじゃん!この差はなんだ?(念のため、モトリーが嫌いなのでは
なくって・・・。) もしかして、ヴィンスの声?これが、モトリーらしくもあり、
重厚さが失われる原因か? でも、モトリーは、ヴィンスしかダメなんよなあ・・・。
この個性は、モトリー独特やもんね。 RATTと同じやね。

ニッキーって天才肌やったんや!気がつかなかった・・・。SIXX AMのVoは、確かに
上手い!声が万人うけする。でも個性に欠ける気がした。”凄いね!うまいね”で終わってしまう
感じがする。 でも確かにうまいんやけど・・・。

このコンセプトアルバムを聞いて、鳥肌がたった。そして、本も読破した。
フィクションなのか、ノンフィクションなのか・・・。つくりこまれた感はあるなー
と正直思ったけど、それをふくめてニッキーって気もする。

彼の歩んだ道が幸か不幸かといえば???。何か新しいものを生み出す為には、ドラッグづけの生活
が前提にないとダメやったやろうし、不幸?な生い立ちでなければ、影は語れないじゃないかと思う。
おさえきれない感情や激情が音になり詩になり、多くの人々の共感を呼ぶ。

人間は、本来、攻撃的で残酷な生き物なんやと思う。それを理性で押さえ込んでいる。 激しい感情
を呼び覚ますROOCKは、私達の押さえ込まれた闇の部分を疑似体験させてくれるんやと思う。

最終的にたどりついたのは、ごく普通の幸せをみつけること。ごく平凡な普通の家族の愛。

普通の人は、ロックスターに憧れ、ロックスターは、普通の幸せを求めている。矛盾しているようで、
かみ合っているようで・・・・。

私の印象は、”才能は、神様(死神)と取引して(自己犠牲、皆の代表で、魂も寿命も体も売り渡して)
えられるんじゃないかな” と感じた。 ロックスターは、皆の代表で犠牲になってるんじゃないかなー
なんて・・・。
それから、特典でついてた、DVDで、ニッキーに助けられたってコメントしていた男の子の目が
おびえているようにみえた。言わされてるような感じ。しかも横でニッキーがうなずきながら聞いてる
”ヘタなこと言うたら、コイツヤバイヤツやし”って空気がバンバンながれてる気がした。 そのギャップがなんか笑えた。

調子に乗って、こんなのも取り寄せてみた。 感想は、また読破後で。DSC04996MTC1.jpg



スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

うらら&獅童

Author:うらら&獅童
初心者ママの育児奮闘記第2段!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。